読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狂った恋が咲くのは4月

開花が遅くて寒さが長引き、今年は桜の季節が遅くて長かった。 だからか歯車が少し狂っている、色々なことが慌ただしい。

怠惰を逃れる術がない。

中原中也の『山羊の歌』のなかに『憔悴』という詩があって、 わたしは休みの日が終わるたびに、このフレーズを思い出します。 「あゝ 空の歌、海の歌、 ぼくは美の、核心を知つてゐるとおもふのですが それにしても辛いことです、怠惰をのがれるすべがない!…

安定のための安定には疑問がある。

やることが山積みで慌しくて、 脳ミソの中枢がジーンとするような日々を送っています。(1) (ヤンマガKCスペシャル)" title="万祝(1) (ヤンマガKCスペシャル)">万祝(1) (ヤンマガKCスペシャル)作者: 望月峯太郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 2003/08/05メデ…

神童のなれの果て。

友達の息子(5歳)が、本を読むのが大好きだといいます。 「何の本が好きなの?」 と気軽な気持ちで訊いたら、 「あくたがわりゅうのすけの、とししゅん」 という答えが返ってきました。 面食らいました。杜子春・くもの糸 (偕成社文庫3065)作者: 芥川龍之…

幸福ということについて考える。

故・児玉清氏がたいへんな読書家であったというのは有名な話。 本にまつわる色々な逸話を遺されていますが、わたしの大好きなものにこんなエピソードがあります。 児玉氏は海外によく行かれていたのですが、ある時ロンドンに向かうときに、読みかけの翻訳小…

おおきな木。

台風一過、東京農大の収穫祭へ。 あまりに混んでいたので、夕飯はタヴェルナ・アリーチェへ行きました。aliceジャンル:イタリアン住所: 世田谷区宮坂1-21-20 ベルソードパル経堂 1Fこのお店を含むブログ (3件) を見る(写真提供:)Taverna Alic…

佐藤雅彦ディレクション“これも自分と認めざるをえない”展に行きました。

わたしは佐藤雅彦氏がとても好きです。 彼のつくったものはいつも、日常で当たり前に通り過ぎていることに気づかせてくれたり、意識して見ていないものを眼の前に並べてくれたり、小難しいものをとても分かりやすいものに変換してくれたりする。希望や勇気を…

せつない気持ち。

雑誌ブルータスの最新号の特集、各地で話題になっています。BRUTUS (ブルータス) 2010年 11/1号 [雑誌]出版社/メーカー: マガジンハウス発売日: 2010/10/15メディア: 雑誌 クリック: 66回この商品を含むブログ (17件) を見る「泣ける映画特集」なんかはある…

最近、えんげ(嚥下)がへたになった。

という言葉が最も印象に残っている、『にこたま』2巻を読みました。 29歳の女の子のセリフなのですが、確かに最近、物を呑み下したり気管に入ったものを出したりする力が弱まったような… 齢か… そんなリアルな描写だらけの、渡辺ペコ最新刊。にこたま(2) (モ…

最近読んだ本。

友だちが日記に読書のことを書いていたので、触発されました。 彼女がすこし薄暗い部屋で映画の感想をせこせこと書き留めてたのを、リビング(とカタカナでいえるような造りではありませんでしたが)の襖からのぞき見たことを、とても覚えてます。映画が好き…

思い切って僕の先端が、君までのびたら最高だ。

というのは、ゆらゆら帝国の『ザ・コミュニケーション』という歌でしたが。 Sweet Spotアーティスト: ゆらゆら帝国,Shintaro Sakamoto出版社/メーカー: ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ発売日: 2005/05/18メディア: CD購入: 2人 クリック: 23…

わたしのシックスセンス。

本にも「ご縁」というものがあると思います。 ふと立ち寄った書店で、「オレ読んでーオレ読んでー」と強烈に語りかけてくる本ってあります。 そんなときには、どんなに高い本でも誘われるまま、彼をレジへと連れていってしまいます(高額商品であった場合、…

忘れた記憶と、君の声。

咲きました。 この時期、桜舞い散る平日の新宿御苑には、 ジジババが吸い寄せられるように集まってきます。 横断歩道での会話。 ババA、ババB、ババAの夫であろうジジの3人が、 カメラや三脚を片手に信号が青に変わるのを待っていました。 ジジ(対面に…

おいしい休日。

ウー・ウェンさんという料理研究家の方、ご存知でしょうか。 テレビ等で活躍していて、著書もたくさん出版されており、有名な方らしいのですが、わたしは最近はじめて知りました。 友達がお誕生日に、ウー・ウェンさんが考案したというお鍋・ウー・ウェンパ…

はじめてのランニング。

思春期時代、わたしは学校でまともに体育の授業を受けていません。 小学校の高学年の時、バスケをしていたら右足を挫いてしまい、 その拍子にくるぶしの下あたりの骨がぐにゃりと曲がり、突き出てしまいました。 背が伸びる速度に周りの肉がついていかず、 …

仕事とわたし。

三寒四温とはまさにこのことで、 若干肌寒い日が続いているわけですが、 新宿御苑の桜は、つぼみが綻びはじめております。 春だからか、不況だからか、 最近巷で仕事の話題が多い気がします。 わたしの仕事はといえば。 現在の会社には、 もともとは版権業務…

南の子どもが夜いくところ。

予約したチケットを引き換えに行く 証明写真を撮る 友達のお誕生日会の予約 プレゼントをとりにいく 一時帰国している友達に会う1 リマインドメールを送る 一時帰国している友達に会う2 リスケをする 書店をまわる お台場に移動する メールをする 電話をす…

芽吹き。

3月です。 国立博物館でみた土偶展は予想以上によかった。1万年前の技術と創造の豊かさにびっくり。 『LOST』のシーズン5が予想以上に面白い。打ち切りになるドラマが多いなか、ここでこんなに盛り上がってくるなんてー。 友達の新居が予想以上にセレブな…

できるかな?

甥が4歳になりました。 おばあちゃんもひいおばあちゃんも、お父さんもお母さんもプレゼントはオモチャだったので、叔母は彼の知育教育のため、DVDをあげることにしました。ノッポさんが選んだ完全保存版 できるかな ベスト30選(4)1984-1987年度 クリスマス…

物を大切にするということ。

友人カップルのお引っ越しを手伝いました。 このお2人、物をたーいりょうに持っている方々で、2人の引っ越しにも関わらず、その荷物はざっと見積もって4人家族分くらい。 男性の方はとてもオシャレな方で、服はボトムスだけで40本くらいありそうな?靴…

日常という怪物。

代休をとり出かけようと思っていたのですが、連日フル稼働で出かけていたせいか、身体がぐったりとしてしまい、持病のアレルギーも悪化。本当にひさびさに親以外の誰とも会わず、家にいました。 とは言っても会社員の性、休日を無為なものにはできず、普段は…

ソバ屋で憩う。

蕎麦が好きです。 「好き」というよりは、食べ物のなかでもっとも慣れ親しんだ、古株のお友達というか。 今となっては自分でも信じられませんが、わたしは幼いころ著しい偏食家で、野菜はもちろんのこと、肉も魚も、ほんの一部のものしか食べませんでした。…

倦怠期。

業種柄もあり、本を読むことは生活の一部です。 カバンの中には常に2冊以上の本を抱え、好みはあれどジャンルは問わず、時間があればページを繰っていることが好きでした。 しかし最近、今までになく本との距離感を感じます。読みたい本がありません。前代…

キャサリン=ハードウィック監督『トワイライト〜初恋〜』を観ました。

数年前に、仕事の関係でステファニー=メイヤーの原作を読む機会があり、YA向けであるにも関わらず、ものすごーくキュンキュンしちゃいました。 吸血鬼と人間の女子高生の恋を描いた、本国イギリスでは大ベストセラーとなった作品です。 彼は本能的には彼…

ここではない、どこかへ。

友人が引っ越しを決めました。 その立地も間取りもなんだかとっても羨ましく、触発され、仕事そっちのけで東京R不動産を熟読、まだ見ぬ自分の未来のおうちと生活に妄想を拡げております。 そんな呑気な午前中、就業中。 何年か前に売れた『間取りの手帖』も…

夏の思い出。

あっという間に、秋です。 夏は、「暑くなってきたな〜」「夏が来るな〜」と、ジワジワジリリと迫ってきますが、秋は「あれ?空が高くない?」と、ふいにやってきているように思います。気づいたときにはもう秋になっている、というか。 この夏は旅には出な…

どうしてセックスと結婚以外に、あの人とつながる方法はないんだろう?

豊島ミホ『純情エレジー』を読みました。純情エレジー作者: 豊島ミホ出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2009/03メディア: 単行本 クリック: 14回この商品を含むブログ (26件) を見るこれまた、帯のコピーが印象的。 「どうしてセックスと結婚以外に/あの人と…

あんなに美しい夜はなかった。

恋愛小説が読みたくて、何かよいのはないかしら、と会社の編集者女子に要求したところ、「好きじゃないかもしれないけど、わたしの好きな作家なんです」と、岡崎祥久『首鳴り姫』を貸してくれました。首鳴り姫作者: 岡崎祥久出版社/メーカー: 講談社発売日: …

誉田哲也『ストロベリーナイト』、そして沖縄料理。

ストロベリーナイト (光文社文庫)作者: 誉田哲也出版社/メーカー: 光文社発売日: 2008/09/09メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 75回この商品を含むブログ (175件) を見る単行本刊行時も話題にはなっていましたが、文庫化して安価になってからものすごく売れ…

「なぜ」と問うこと。

『AERA』、会社にあったのでひさしぶりに読みました。 http://www.aera-net.jp/latest/ 中吊り広告の一行コピーには、毎朝電車を利用するサラリーマンなら誰もが注目していることと思いますが(ホント?)、あの雑誌が特集で女性のライフスタイルばかりをと…

西麻布のTHESEへ行きました。

「ライブラリーラウンジ」と謳われていたのでどんなところかと思いましたが、とってもすてきな内装でした。 2階建てで、1階はカウンター席、2階はボックス席のよう。バーカウンターの後ろが2階までの吹き抜けになっていて、どーんと背の高い本棚が!店内…

痩せました。

誰も気づいてくれませんが、これまでの人生で1番肥えていたであろう昨年の今頃より、体重が5〜6キロ減っています。 誰も気づいてくれませんが。 誰も気づいてくれませんが、その後風邪をひいてさらに2キロほど減っています。 誰も気づいてくれませんが。…

夏石鈴子『バイブを買いに』。

食や性に関することを言葉で表現することって、とても難しいことだと思います。 何かを食べて「これ美味しい!」と思っても、どう美味しいのかということを他人に伝えようとすると、言葉をひねってひねってひねり出しても、その美味しさを的確に表現にできな…

平山夢明『独白するユニバーサル横メルカトル』を読みました。

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)作者: 平山夢明出版社/メーカー: 光文社発売日: 2009/01/08メディア: 文庫購入: 7人 クリック: 52回この商品を含むブログ (74件) を見る2006年の「このミス」大賞と日本推理作家協会賞をとっていた作品。その…

鬼の霍乱。

プチ新年会で、会社の人に新宿御苑のみの家というお店に連れて行ってもらいました。馬肉のお店です。 馬刺しは臭みも癖もなく、するするといくらでもはいります。すき焼きのような味付けの桜鍋でいただくお肉は、煮込んでもたいへんやわらかく、美味。新年早…

夢か現か。

諸事情により、20世紀初頭の短篇小説を三篇、一気読みしました。文鳥・夢十夜 (新潮文庫)作者: 夏目漱石出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2002/09メディア: 文庫購入: 8人 クリック: 39回この商品を含むブログ (147件) を見るサラサーテの盤―内田百けん集成〈…

香水と本と思い出。

週刊新潮の『私の名作ブックレビュー』というコラムで、石田衣良が、「伊丹十三のエッセイは、高校生のぼくにとってバイブルに等しかった」と語っていました。パスタはアル・デンテに茹で上げ、スポーツカーはこう運転し─彼は伊丹十三のエッセイにより、「カ…

『金原瑞人YAセレクション みじかい眠りにつく前にI 真夜中に読みたい10の話』を読みました。

金原瑞人YAセレクション みじかい眠りにつく前にI 真夜中に読みたい10の話 (ピュアフル文庫 ん 1-10)作者: 有島武郎,いしいしんじ,魚住直子,江國香織,恩田陸,角田光代,鷺沢萠,寺山修司,梨屋アリエ,楡井亜木子,中島梨絵出版社/メーカー: ジャイブ発売日: 2008…

年の瀬の足音。

自問自答してる間に、今年もあと2ヶ月です。 西麻布のHOUSEでココット料理を食したり、恵比寿のALMAでイタリアンを食したり、池ノ上のタケハーナで将来設計(妄想)をたてたり、していました。 タケハーナは何度行っても絶品だし、落ち着くなあ。ALMAは感じ…

平坦な戦場で僕らが生き延びること。

本を探して会社の人の机をあさっていたところ、懐かしい著者の本を見つけました。 岡崎京子。岡崎京子の作品で唯一マンガではない物語集『ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね』です。 未読であったので、貸してもらいました。ぼくたちは何だかすべて忘れ…

悲しい気分のときは、呼び出して。

下北沢、開発が進んできました。わたしが遊んでいた頃、住んでいた頃とは街並みもだいぶ変わりました。 でも、今でも気持ちが落ち込んだり殺伐としたりしたときには、小田急線を途中下車してふらふらと散歩します。なじみのお店でお茶をしたり、本屋で立ち読…

沼田まほかる『九月が永遠に続けば』を読みました。

9月だけに。 Earth, Wind & Fireの歌にかの有名な『September』という曲があります。大好きです。この時期にクラブや飲食店やラジオでよく流れていますね。 9月は意外にも何かしら題材にしたくなる月なのでしょうか。4月や8月ならなんとなく分かるのです…

中村うさぎ『セックス放浪記』を読みました。

会社の方からお借りして。 中村うさぎ、といえば、毎週『週刊文春』のエッセイ『さすらいの女王』を読んでいます。アクが強いなというのが大方の印象ですが、実体験が基なだけに逼迫していてグッとくる文章も多々あります。また、この業の深さというか、問題…

矢口敦子『償い』を読みました。

償い (幻冬舎文庫)作者: 矢口敦子出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2003/06メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 41回この商品を含むブログ (100件) を見る読みたい本はいっぱいストックしてあるものの、「積読」状態になって早1ヶ月以上滞っていたのは、すべ…

生き延びる本。

本は繰り返し繰り返し処分したり売ったりしていますが、何度もにわたる淘汰を生き延び、どうしても手元に置いておいてしまう本というのは何冊かあります。 わたしの物語好きの原点とも呼べる安房直子『きつねの窓』、小学5年生の頃から何度も繰り返し読みほ…

Pari Livermore『HOW TO MARRY A FABULOUS MAN』を読みました。

アメリカで有名なmatchmaker(要はお見合いババアです)が、いい男と結婚するために心がけること、行くべき場所などを、解説した本です。 友人から回覧されてきて、はじめは何のいやがらせかと訝しみましたが、普段ハウツーやセルフヘルプものをまったく読ま…

下馬のuguisuへ行きました。

友達が発見した、住宅街にあるカフェです。カフェと言っても、夜はワインとフレンチを楽しめます。 テーブルが3席であとはカウンターの小さなお店、アンティークっぽい家具が落ち着きます。テーブルには古い『ジャズ批評』や、パロル舎から出ている萩原朔太…

老辺餃子館へ行きました。

ギョーザ事件には戦慄させられたものの(前の会社の社食の揚げギョーザが明らかに同種の冷凍ギョーザだったため)、新聞やテレビの連日に及ぶ報道に、すっかり洗脳されてしまいました。餃子が食べたい…ギョウザガタベタイ…同じ思いにとりつかれた人は多いら…

東直子『とりつくしま』を読みました。

とりつくしま作者: 東直子出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2007/05/07メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 21回この商品を含むブログ (41件) を見る先日この本を探して、会社帰りに新宿の某書店に行きました。 「現代文学」の「女流作家」の棚で「は」行…

渡辺ペコ、何度も読んでしまいます。

東京膜 (クイーンズコミックス)作者: 渡辺ペコ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2006/01/19メディア: コミック購入: 5人 クリック: 67回この商品を含むブログ (128件) を見る『東京膜』、リアルで肩肘をはらない空気感が好きです。 少女マンガで男が出てきて…