平日のランチ。

社食がなく薄給な、わたしのような会社員は、ランチはお弁当持参にした方が圧倒的にお財布にやさしいのは分かっています。
けれどわたしは外食派。
オフィスにこもりっきりなデスクワークが主なので、お昼くらい外に出たい!というのと、作りたての温かいものが食べたい!というのと…


まあ、とにかく、食いしんぼうであるのが最大の理由です。
せっかく美味いものを食べる機会があるのならば、そりゃ食べておきたいという。
なぜならそこに山があるから!


今の会社は新宿御苑
最近お気に入りなのは、昨年新しくできたタイ料理店ホットペッパー1。

ホットペッパー1

食べログホットペッパー1

ランチのセットメニューが7〜8種類あるのですが、順番に食べていってどれもハズレナシ。特にパッタイトムヤムクン麺が好きです。サラダと小チャーハンと小デザートとアイスコーヒーがついて、650〜750円!


言わずと知れた中華の老舗名店・随園別館にもよく行きます。

チャーハン+酸辣湯麺+杏仁豆腐で500円!


転職を何度かしているので、いくつかの街に「お気に入りランチマップ」があります。
その会社を離れ、その街を離れると、わざわざ遠方から、しかもお昼の時間帯に通うようなところではない、大衆的なお店がほとんどですが、そのへんのオシャレ気どりなダイニングバーよりよっぽど美味しいしリーズナブル。
やさぐれがちな会社生活の心の拠り所となっていた味が多く、懐かしく思うお店が多いです。


■神楽坂
会社のすぐ傍にあった中華店・りゅうほう。

龍朋

食べログ龍朋

東京ラーメンのシャキシャキな食感が残るおっきなレタス、大好きでした。


駅の裏にあった洋食屋さんマリオ。スパゲッティの量が多めで食べ応えがありました。


■南新宿〜代々木
このエリアは、なんといってもmoonbow
茄子と挽肉のカレーが他では食べられない独特の美味しさで、大好きでした。高い位置からトポトポーッと淹れてくれるカンテグランデの絶品チャイは、ここで教えてもらいました。
平日のランチにしかカレーはやっていないので(運が良ければ夜にも残ってるらしいけれど)、本当にもう二度と食べることはないのかもしれないと思うと、なんだか無性に恋しくなります。

マスターがロック好きで、ライブやPVの映像をよく流していたのを憶えてます。ジョニ=ミッチェルの『Shadows and Light』のDVDは、ここで観て感動して買いました。



ソルタナ。

ソルタナ

食べログソルタナ

何を食べても美味しい洋食屋さんなのですが、しょうが焼きは特に絶品。
我が家のしょうが焼きは醤油とお酒のみの辛い仕上がりで甘いのは好きではなかったのですが、こちらで甘辛いしょうが焼きに開眼したのを憶えています。


■神保町
カレーの街!カレーはいまだによく食べに行きます。


カレー以外なら、讃岐うどんの店・野らぼー。

野らぼー 神保町店

食べログ野らぼー 神保町店

近くには丸香もありましたが、わたしはこっちが好きでした。じゃこ天をサイドメニューで食べてると、その味と店の構えに触発され、昼間から一杯やりたい衝動に駆られるのですね。何度も耐え抜きました。
今やチェーン店で各地にあるようですが、現在の行動範囲にはありません。


リベラル・テーブル・カフェ。

サンドイッチ×フライドポテト×ドリンクのセットを頻繁に食べてました。
具はアボカドとクレソンのクリームチーズ和えやスパイシーチキンが美味。フライドポテトも細身で好み。量が多いのでお腹いっぱいになります。ドライカレーも美味。フランチャイズ展開したらいいのになあと思います。


神保町周辺はタイ料理の名店も多いです。
有名で美味しいところがたくさんあるのですが、あまり有名ではないファーサイのカオソーイはサイコー。


咸亨酒店。

神保町界隈をにいくつかお店を構える新世界菜館系列のお店のひとつ。
ランチセットで1000円と、ちょっと贅沢なランチでしたが、海鮮粥とピータン粥が美味しい。体調が悪い時や心が弱っている時によく訪れました。


スタイルズは会社みんなが好きだった。
カルボナーラと松の実のジェノベーゼのパスタが美味しくて、ああ、ケーキも美味でした。




あー、思い出せば出すほど、まだまだいっぱいある!
懐かしいな。また食べたいな。


舌の記憶は、ノスタルジアを喚起します。それを人は、主に「おふくろの味」と呼ぶのでしょう。
わたしもこんなふうに、人を懐かしさのあまり悶えさせるような料理が作れるようになろうと思います。