読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKYO DESIGNERS WEEK 2010。

今年もチラ見してきました、東京デザイナーズウィーク


様々なモノやコトをデザインするセンスって、訓練でも身につけられるとは思うけれど、割と才能に依るものが大きいんじゃあないかと思っています常日頃。


デザイナーとかそういう職業の方ではなくても、たとえば家の家具の色合いとか、カトラリーと食器の配置とか、洋服の収納の仕方、贈り物やカードの選び方、ちょっとした図案の書き方とか、身近な人たちのそういうセンスを垣間見て、「あ、こういうふうにすればいいんだ」って目から鱗が落ちることって、日常生活に多々あって。
わたしはそういう事柄に対する感覚、物事を点ではなく、面や線で見てアウトプットする感覚が、とても鈍い方だと思っています。空間把握能力に欠けているというか。センスがないというか。


だから、いつも羨ましくて仕方ない。
羨ましくて仕方なくて、展示会や美術展に足を運びます。
自分からは産まれようがない刺激に、絶対に「すごい!」って駆り立てられるのが分かっているから。それが嬉しいから。
いつも発奮していたいんだと思う。


で、デザイナーズウィーク。楽しかった!
OZONEで見たHOW ABOUT VIKTORというフィンランドの会社のソファーに、ひと座り惚れしました。

見かけは妙だけど、お花みたいに拡がった突起が、自分の背や肘をちょうどいい位置で支えてくれて、座れるしー寝転がれるしー足ものっけられるしー。
まだプロトタイプのようだけど、ほしい!
デザイナーはYukiAbeというフィンランド人と日本人とのハーフの男性のよう。彼の作品は「HANABI」とか「MANEKI」とか、なんだかステキなネーミングでした。
やっぱりヘルシンキは夢の街だなー。


もう停滞しているのはイヤだな、頑張ろう。そう思える、こういう刺激が大好き。

何かで埋めようと、必死になったりなんてしない。