読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大きな声で歌いたい。


気づくとこのPVをずっと見ています。
青春の要素がぎゅうぎゅうにつまった5分間あまり。わたしは小中学校の頃に合唱部に所属していたので、更にキュンときます。
大人になってからはもう、あんなふうに大勢で声を合わせて歌うことは、なくなってしまった。


「あなたにとって/大事な人ほど/すぐそばにいるの」という歌詞は、彼らにはまだあまり響いていないかもしれないけれど、こんなふうにみんなで大きな声で歌えたことを忘れ去った頃にやっと、気づくんだと思う。