読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yuji Ohno & Lupintic Fiveのライブ@目黒Blues Alley Japanに行きました。

誘っていただいて。
大野雄二の曲は数聴けど、ライブを観たのははじめてだと思います。


大野雄二といえば、わたしの中では『人間の証明』のテーマだったりもするのですが、やはりルパンなのでしょう。
ルパン、小西康陽やらFPMやらがルパンの曲をリミックスしたコンピレーション『PUNCH THE MONKEY!』が、学生の頃だったかに爆発的に流行して、クラブでもかかりまくっていました。

PUNCH THE MONKEY !

PUNCH THE MONKEY !

懐かしいですね。万人の心を捉えただけあって、すごく出来のよいアルバムでした。どんなアレンジにも耐え得る大野さんの曲がいかにすばらしいか、ということと思います。
わたしのルパンといえば、『「ルパン三世」ベスト・コレクション』。
「ルパン三世」ベスト・コレクション

「ルパン三世」ベスト・コレクション

なぜかレコードで持っています。ルパンの曲が網羅できる、お得で大好きな盤です。


ライブ自体もとっても盛り上がりました。
ギターの方(和泉聡志さんというらしい)だけ若めだなと思ったら、ひとつ年下。ロックンロール出ということで、ソロでは歯でエレキを弾いてみせたりという曲芸をかましたりして、やんちゃでびっくりしましたが、彼も含め、ルパンの曲を演奏するのを心底楽しんでいる様子が伝わってきました。楽器も「弾かれて吹かれて嬉しい!」と言っているかのよう。
わたしのような素人では、明確には技術のよい悪いは分からないけれど、弾いてるご本人が楽しくて、お客さんも楽しくて、楽器までもが楽しかったら、それはたとえどんなに技術的に拙かったとしても、すばらしいミュージシャンといえるのではないかと思います。
客席にきていた今井美樹が飛び入りで参加、嬉しいサプライズ。『ラブ・スコール』と、アンコールで『炎のたからもの』を歌ってくれました。テレビで歌っていた際にはあまり思わなかったけど、生で聴くときもちのよい美声。
『炎のたからもの』、いつ聴いてもわけもなく涙が零れ落ちそうになる、名曲です。別に予定も必要もないのだけれど、この曲を聴くと、堅い決意を持って旅立ちたくなります。
いばらの道を、凍てつく夜を。幸せを訪ねて。


そういえば、ルパン三世のテーマの「♪ルパン ザ サ〜ド」というコーラス、ちゃんと聴きとれているひとってどのくらいいるのでしょう。かく言うわたしは子どもの頃から長きにわたって「♪ルパンルパ〜ン」だと思い込んでいて、それこそ『PUNCH THE MONKEY!』を聴きながら口ずさんでいる際に、同居人に訂正されてはじめて本当の歌詞を知りました。衝撃でした。
仲間、いっぱいいるみたいです。
http://www005.upp.so-net.ne.jp/yoke/lupinlupin/